2018年5月22日火曜日

「au SENDAI」で米料亭 八代目儀兵衛も認めた富士山の天然水フレシャスと薫を極めた米の組み合わせを堪能できる「出張薫亭」イベント開催



au by KDDI: トピックスで全文を見る

2018年5月21日月曜日

[ITmedia Mobile] QRコードで即時決済できるスマホ向け「ゆうちょ Pay」2019年2月に開始予定

ゆうちょ銀行はGMO ペイメントゲートウェイと連携し、2019年2月にスマートフォンを活用した決済サービス「ゆうちょ Pay」を開始予定。利用者がパートナー企業の端末に表示されたQRコードをスマートフォンで読み取ると、口座から即時引き落としされる。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

LINE、店頭販促用の抽選機能「LINEインスタントウィン」を提供開始

ケータイ Watchで全文を見る

PSソリューションズ、ウォーキングイベントに公式アプリを提供

ケータイ Watchで全文を見る

Spotify、週明けに好みの曲を提案する「Discover Weekly」

ケータイ Watchで全文を見る

ワイモバイルからも、ダブルレンズ搭載の「HUAWEI P20 lite」発売へ

ソフトバンクとウィルコム沖縄は5月21日、ワイモバイルの新商品として、ファーウェイのスマートフォン「HUAWEI P20 lite」を6月中旬以降に発売すると発表した。



CNET Japan 最新情報 総合で全文を見る

ドコモ、海上での5Gを利用した4K映像伝送に成功

ケータイ Watchで全文を見る

「SPAJAM」東海予選、友人からの評価がリアルタイムでわかるシステムが最優秀賞に

ケータイ Watchで全文を見る

ドコモ、「arrows Be F-04K」を25日発売

ケータイ Watchで全文を見る

ワイモバイル、ファーウェイ製「P20 lite」を発売

ケータイ Watchで全文を見る

[ITmedia ビジネスオンライン] 警視庁、執念の潜行捜査 わいせつ動画投稿男を逮捕 他人のスマホなど使う巧妙手口

電車や駅で撮影したわいせつ動画を短文投稿サイト「ツイッター」に投稿していた男が今月10日、警視庁保安課に逮捕された。男は身元がバレないように投稿には他人のスマートフォンを使い、公衆無線LAN「Wi−Fi(ワイファイ)」を利用して違法な投稿を繰り返していた。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

[スタパ齋藤の「スタパトロニクスMobile」]フルキーボードなのに折りたためる! 3Eの「TENPLUS」

ケータイ Watchで全文を見る

2018年5月19日土曜日

レゴ版Nintendo Laboだコレ。スマートフォンで操作できる「LEGO バットモービル」

Image:Legoダークナイトが乗るタンブラー!レゴで自作した乗り物を、童心に帰って手で動かすだけでも楽しいものですが…今の時代はもっとハイテクに、スマートフォンで操れるようになります。これは「パワード・アップ・プラットフォーム」というシリーズで、iOSまたはAndroid端末からリモコン操縦ができるもの。321ピースから成る「レゴバットマン」の発売は8月1日で、お値段は北米にて160ドル(約1

via ギズモード・ジャパン http://bit.ly/2s1GffJ

2018年5月18日金曜日

[ITmedia News] 2眼カメラは当たり前に? 2018年夏モデルのスマートフォン新製品を「NEWS TV」でチェック



ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

[ITmedia Mobile] auの「isai V30+ LGV35」が人工知能技術「ThinQ AI」に対応

LGエレクトロニクス・ジャパンは、5月17日にauのスマートフォン「isai V30+ LGV35」のソフトウェアアップデートを実施。人工知能技術「ThinQ AI」を搭載し、「AIカメラ」「Qレンズ」でAIを活用した機能を扱えるようになる。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

dTVで「フィットネス」映像見放題に

ケータイ Watchで全文を見る

ファーウェイ、「honor 9」をAndroid 8.0にバージョンアップ

ケータイ Watchで全文を見る

Facabook、サッカーJ2・J3リーグの試合をライブ配信

ケータイ Watchで全文を見る

有料版の「YouTube Premium」海外で提供開始、月額12ドル

ケータイ Watchで全文を見る

ヤフー、ログイン時のパスワード廃止を段階的に開始

ケータイ Watchで全文を見る

2018年5月17日木曜日

ドコモオンラインショップで「夏トクキャンペーン」

ケータイ Watchで全文を見る

今週のGIZMODO TV、テーマは2018夏モデルのスマホ。「Xperia XZ2」「Galaxy S9」「Huawei P20」など、au・ドコモの発表会を振り返ります

Photo:ギズモード・ジャパン注目のフラッグシップモデルや、「意外といいなコレ」と感じたスマホなど。毎週お送りしております、ギズモード・ジャパンの動画生配信「GIZMODOTV(β版)」です。今週のGIZMODOTVは、KDDIとNTTドコモのスマートフォン発表会に行ってきた編集部員が、2018年夏モデルの注目スマートフォンを解説します。配信は明日5月18日(金)19時から、約20分〜30分行な

via ギズモード・ジャパン http://bit.ly/2IpI5Oo

「HUAWEI P20 Pro」は「誰でもプロのような写真が撮れる」、その秘密とは

ケータイ Watchで全文を見る

[ITmedia Mobile] 「ソフトバンクセレクション」10周年記念iPhone Xケース登場 「うんこ漢字ドリル」コラボと“鉄アレイ”iをラインアップ

スマートフォンケースを始めとするデジタルアクセサリーのブランド「SoftBank SELECTION」が、2017年に設立10周年を迎えた。それを記念して「うんこ漢字ドリル」とのコラボレーションケースと、重さ約10kgの鉄アレイ型ケースを発売。うんこ漢字ドリルとのコラボでは、非売品の「ビッグうんこ先生ケース」が抽選で当たるキャンペーンも実施する。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

UQ、「DIGNO Phone」「Speed Wi-Fi NEXT WX04」でソフト更新

ケータイ Watchで全文を見る

ワンタップで色を変えられる生地「ChroMorphous」が登場、服の色をスマホからコントロール可能に

ワイヤレススピーカーやスマートライトを制御したり、Netflixやプライム・ビデオのようなストリーミング配信サービスの番組を選択したりと、スマートフォンはさまざまなデジタル機器とワイヤレス接続することで、いろいろなサービスのリモコンとして使用することができるようになっています。CREOLの研究チームが開発した最新の生地「ChroMorphous」を使えば、IoT製品をスマートフォンで操作するように、自身が着用している服の色を手元の画面をタップするだけで自在に変更することができるようになります。

続きを読む...



GIGAZINEで全文を見る

2018年5月16日水曜日

スマートフォンで応対でき周辺監視もできるスマートドアベル「SpotCam-Ring」を使ってみた

「SpotCam-Ring」はWi-Fi対応のドアベルで、訪問者に対してモニター越しではなく、スマートフォンを使って応対することができます。また、ドアホンの映像は外出先からも見ることができ、不審者の有無を監視することも可能です。編集部にSpotCam-Ringの実物が届いたので、実際にどんな感じなのか使って試してみました。

続きを読む...



GIGAZINEで全文を見る

肉眼を超えた!? ロウソク1本で撮影できるスマホカメラをドコモがアピール

ケータイ Watchで全文を見る

ドコモのテーマは「For All」、夏モデルと新サービスで幅広く

ケータイ Watchで全文を見る

液体を硬化させ保護ガラスを全面吸着、「DOME GLASS」をドコモが独占販売

ケータイ Watchで全文を見る

[ITmedia Mobile] 「スマホでもドン勝だ!!」バトルロイヤルゲーム「PUBG」のスマートフォン版配信開始

PUBG社は5月16日、PC向けバトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」(プレイヤーアンノウンズバトルグラウンド、PUBG)のスマートフォン版ゲーム「PUBG MOBILE」の配信を開始した。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

[ITmedia News] ドコモ、dポイントで投資体験できるサービス

NTTドコモが、現金ではなく「dポイント」を利用して投資体験できるサービス「ポイント投資」の提供を始めた。投資初心者向けに、スマートフォンでの資産運用を体験してもらう狙い。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

[ITmedia Mobile] ドコモのAIサービス「my daiz」 ユーザーの行動を学習して情報をお届け

NTTドコモはユーザーの行動や状況を学習し、それぞれにあった情報やサービスを適切なタイミングでスマートフォンやタブレットに届けるAIエージェントサービス「my daiz」を提供開始。5月30日にスタートする予定で、利用料金は無料〜月額100円(税別)。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

“ドン勝”を目指すバトルロイヤルゲーム「PUBG」のモバイル版サービスを開始

PUBGは5月16日、「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ:PUBG)のスマートフォン向けモバイル版について、国内サービスを開始した。最大100人のプレーヤーが、マップ内にある装備などを駆使して最後の一人になるまで生き抜くバトルロイヤルゲームのモバイル版となっている。



CNET Japan 最新情報 総合で全文を見る

1万円からはじめるプロレベルの資産運用サービス「THEO+[テオプラス]docomo」がサービス提供開始



NTTドコモ サービス・機能の新着情報で全文を見る

あなたの毎日によりそい、あなたに合わせてサポートする案内役「my daiz(マイデイズ)」を2018年5月30日(水曜)より提供開始予定



NTTドコモ サービス・機能の新着情報で全文を見る

dポイントを使って投資体験ができる「ポイント投資」がサービス提供開始



NTTドコモ サービス・機能の新着情報で全文を見る

1万円からはじめるプロレベルの資産運用サービス「THEO+[テオプラス]docomo」がサービス提供開始



NTTドコモ サービス・機能の新着情報で全文を見る

1万円からはじめるプロレベルの資産運用サービス「THEO+[テオプラス]docomo」がサービス提供開始



NTTドコモ 全ての新着情報で全文を見る

1万円からはじめるプロレベルの資産運用サービス「THEO+[テオプラス]docomo」がサービス提供開始



NTTドコモ 全ての新着情報で全文を見る

[着うた人気ランキング] 着うた人気ランキング(5月7日~5月13日)

ケータイ Watchで全文を見る

2018年5月15日火曜日

公取のメスは入るのか? 意見交換会・第2回のテーマは「接続料」

ケータイ Watchで全文を見る

ドコモ、5Gの活用事例を法人パートナー向けに公開

ケータイ Watchで全文を見る

UNiCASE、スマホアクセサリーのOEM/ODMなど法人向けサービス

ケータイ Watchで全文を見る

JBL、全12色の防水Bluetoothスピーカー

ケータイ Watchで全文を見る

1時間250円から配信できるウェブセミナー「コクリポウェビナー」にアプリ版

ウェビナー配信ツール「コクリポウェビナー」を提供するコクリポは5月15日、スマートフォンやタブレットでウェビナーに参加できるiOS/Androidアプリをリリースしたと発表した。



CNET Japan 最新情報 総合で全文を見る

オールインワンPCにAlexaが内蔵されたら、それはもう最強のホームハブなのでは

音声アシスタントってデバイスありきというか、スマートスピーカーとかスマートフォンとか、そっち側のイメージしかなかったんですけど、考えてみればPCで使っても良いんですよね。というわけで、Alexa内蔵のPCがHPから出ちゃうみたいです。

via ギズモード・ジャパン http://bit.ly/2IHjtnm

3月の国内メーカー端末出荷は146万9000台、前年比で約2割減

ケータイ Watchで全文を見る

新しい「ZenFone 5」は“原点回帰+AI”で新たな体験目指す

ケータイ Watchで全文を見る

電子ペーパーディスプレイ採用の新型ポメラ「DM30」

ケータイ Watchで全文を見る

ビデオリサーチ、スマートスピーカーの購入意向を調査

ケータイ Watchで全文を見る

HUAWEI nova lite 2が8800円、gooSimsellerで初夏のわくわくセール

ケータイ Watchで全文を見る

[スマホケースCollection] UNiCASE TOIRO PASTEL for iPhoneX

ケータイ Watchで全文を見る

お預けしたデータを簡単に管理して有効活用!「データお預かり」アプリの機能拡充~簡単にフォトブックが作れる「フォトブック機能」が利用可能に~


※ログインしない場合は、右上の「×」ボタンで本画面を閉じてください。



au by KDDI: トピックスで全文を見る

2018年5月14日月曜日

Galaxy S9/S9+をデスクトップPCのように使える「DeX Pad」登場

ケータイ Watchで全文を見る

アプリ開発競技会「SPAJAM」札幌予選の最優秀賞が決定

ケータイ Watchで全文を見る

LINE、無料の名刺管理サービス「myBridge」

ケータイ Watchで全文を見る

ドコモ、無料で使える「dヘルスケア」アプリを提供開始

ケータイ Watchで全文を見る

[ITmedia ビジネスオンライン] KDDIが夏モデル発表 「デュアルカメラ」で花火・夜景を鮮やかに撮影

KDDIが携帯電話の2018年夏モデルを発表。スマートフォン6機種・フィーチャーフォン1機種の計7機種。「デュアルカメラ」を備えたハイエンドモデルを多くそろえた。スマホは全て「+メッセージ」を搭載した。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

[ITmedia Mobile] Galaxy S9/S9+専用アクセサリーやワイヤレス充電スタンドなどが登場

サムスン電子ジャパンは、5月18日にGalaxy S9/S9+専用ケースやワイヤレス充電スタンド「Wireless Charger Stand」、対応スマートフォンをPCのように操作できる「DeX Pad」を発売する。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

イトーヨーカドー、マイルに応じた特典がもらえるアプリ

ケータイ Watchで全文を見る

2018年夏のauは「カメラと動画でワクワク感を」

ケータイ Watchで全文を見る

中部電力、IoTとAIを活用した子ども見守りサービス

ケータイ Watchで全文を見る

「お子さまとの思い出作りに」を公開しました



NTTドコモ サービス・機能の新着情報で全文を見る

au、5月下旬に「夏の発表会」開催へ

ケータイ Watchで全文を見る

「お子さまとの思い出作りに」を公開しました



NTTドコモ サービス・機能の新着情報で全文を見る

au、AQUOS sense SHV40に新色「ノーブルレッド」を追加

ケータイ Watchで全文を見る

ソニー、GPSやハイレゾに対応したIoT向けプロセッサー搭載ボード

ケータイ Watchで全文を見る

[みんなのケータイ]DAZNでサッカーおじさんとF1おじさんになる

ケータイ Watchで全文を見る

[スタパ齋藤の「スタパトロニクスMobile」]ひと味違う無線イヤホン「Xperia Ear Duo」

ケータイ Watchで全文を見る

[本日の一品]ツチノコタイプのライトニングケーブル&モバイル電池

ケータイ Watchで全文を見る

[いまどきのストラップ]NO.2950:関東・栃木レモンストラップ

ケータイ Watchで全文を見る

2018年5月13日日曜日

アルミ精錬の際に酸素を放出する新しい手法が開発中、Appleも研究を支援

飛行機や自動車のボディ、ビールの缶からスマートフォンのフレームなど、生活の中で幅広く使われている金属のアルミニウムは、原料を溶かして精錬する際に大量の二酸化炭素を生み出します。温室効果ガスでもある二酸化炭素の削減が世界的に叫ばれる中、大手アルミメーカー2社は二酸化炭素の代わりに酸素を放出する精錬方法の開発を進めています。

続きを読む...



GIGAZINEで全文を見る

「世界初の職業映画監督」に敬意をささげてGoogleのロゴ「Google Doodle」が4K・360度VRアニメーションに

偉人の誕生日や記念日に合わせて、特別に用意されたGoogleのロゴが「Google Doodle」です。「世界初の職業映画監督」として著名なジョルジュ・メリエスの監督作品「極地征服」が1912年5月3日に公開されたことを記念して、2018年5月3日に初めて360度VRアニメーションがGoogle Doodleに採用されました。この時公開されたムービーがYouTubeで公式にアップロードされていて、スマートフォンやVR対応機器で視聴するとVRアニメーションを体感することができます。

続きを読む...



GIGAZINEで全文を見る

2018年5月12日土曜日

完全無料で「グラブル」「デレマス」の公式マンガや「君の名は」のコミカライズを読みまくれるマンガアプリ「サイコミ」

人気スマートフォンゲーム「GRANBLUE FANTASY(グラブル)」や「アイドルマスター シンデレラガールズ(デレマス)」を手がけるCygamesのマンガアプリ「サイコミ」では、マンガを読むための「ポイント」や「チケット」などを一切排除し、人気タイトルのコミカライズなどを1話から最新話まで完全無料で読み進めることができます。

続きを読む...



GIGAZINEで全文を見る

2018年5月11日金曜日

[ITmedia Mobile] 国内携帯シェア、Appleが6年連続1位 SIMフリーはHuaweiが1位

MM総研は、5月10日に2017年度通期の国内携帯電話端末出荷概況を発表。総出荷台数は前年度比2.7%増の3746万台で6年振りに増加し、スマートフォン出荷台数は8.1%増の3258万台と2年連続過去最高を記録した。SIMフリーも11.9%増の315万台となったが、フィーチャーフォンは23.1%減の488万台と過去最低を更新している。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

ソフトバンクが「5G×IoT Studio」お台場ラボ開設、パートナー企業と5G活用

ケータイ Watchで全文を見る

[中古スマホ価格情報] 中古スマホ買取ランキング(4月23日~4月29日)

ケータイ Watchで全文を見る

[中古スマホ価格情報] 中古スマホ販売ランキング(4月23日~4月29日)

ケータイ Watchで全文を見る

2018年第1四半期のスマホ出荷台数は3.6億台、サムスンが出荷台数1位に

ケータイ Watchで全文を見る

LINE PayのQRコード決済、「白木屋」「魚民」などで利用が可能に

ケータイ Watchで全文を見る

シャープが国内シェア2位に、2017年度の端末出荷が大幅増

ケータイ Watchで全文を見る

ソフトバンクグループのhugmo、園児用のIoTセンサーを開発

ケータイ Watchで全文を見る

2018年5月10日木曜日

1991年に「21世紀のユビキタスコンピューティング」を予言した論文「The Computer for the 21st Century」

いつでもどこでも情報通信技術を利用できる世界である「ユビキタス」という概念は、1991年にゼロックス・パロアルト研究所の主任コンピューターサイエンティストだったマーク・ワイザー氏が書いた論文「The Computer for the 21st Century」で初めて登場して世に知られることになりました。インターネットが誕生しスマートフォンなどの小型のモバイル端末が開発され、さらにクラウドコンピューティングの登場によってユビキタス社会が実現しつつあるわけですが、本論文で描かれた「21世紀のユビキタスコンピューティングの世界」には目指すべきコンピューティングの未来が示されており、21世紀になった現在でも示唆に富んでいます。

続きを読む...



GIGAZINEで全文を見る

KDDIの業績から見える「通信とライフデザインの融合」とは

ケータイ Watchで全文を見る

群馬県前橋市とドコモがITで街づくり、5GやAIと社会・交通インフラの連携を推進

ケータイ Watchで全文を見る

楽天・山田氏、「今も6000億円という数字にはかなり自信がある」

ケータイ Watchで全文を見る

2018年3月期決算について

2018年5月10日

KDDI株式会社

当社は本日、2018年3月期決算を発表しましたのでお知らせいたします。

●サマリー

2018年3月期の連結売上高は、前期比で6.2%増加し、5兆420億円となりました。連結営業利益は、モバイル通信料収入や付加価値ARPA収入の増加に加え、ビジネス・グローバルセグメントにおける増益も寄与し、9,628億円 (同5.5%増) となりました。
2019年3月期は、連結売上高5兆1,500億円 (同2.1%増)、連結営業利益1兆200億円 (同5.9%増) を見込むほか、1株当たり配当金100円 (配当性向38.8%、前期比10円の増配) を予定し、2019年3月期を最終年度とした中期目標 (連結営業利益CAGR (注) 7%・配当性向35%超 等) の達成に向けて、引き続き、持続的な利益成長と株主還元の強化の両立を目指してまいります。
なお、本日開催の取締役会において、1,500億円を上限とする自己株式取得に係る事項を決議しました。

<連結業績 (IFRS)>

2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 (予)
前期比
売上高 47,483 50,420 +6.2% 51,500
営業利益 9,130 9,628 +5.5% 10,200
営業利益率 19.2% 19.1% -0.1pt 19.8%
親会社の所有者に帰属する当期利益 5,467 5,725 +4.7% 6,200
EBITDA 15,242 15,601 +2.4% 15,900
EBITDAマージン 32.1% 30.9% -1.2pt 30.9%
1株当たり配当金 85円 90円 +5.9% 100円

詳細は、以下決算資料にてご確認ください。

●決算資料

pdfファイルをダウンロードします決算説明会 プレゼンテーション資料 (3.6MB)

pdfファイルをダウンロードします平成30年3月期 決算短信 (670KB)

pdfファイルをダウンロードします決算詳細資料 (数値データ) (0.9MB)

pdfファイルをダウンロードします自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ (10KB)

pdfファイルをダウンロードします自己株式の消却に関するお知らせ (8KB)

pdfファイルをダウンロードします定款の一部変更に関するお知らせ (9KB)

pdfファイルをダウンロードします役員の異動 (2018年6月20日付予定) (12KB)

pdfファイルをダウンロードします取締役、執行役員及び理事に対する業績連動型株式報酬制度の継続及び一部改定の件 (134KB)

●機関投資家・アナリスト向け決算説明会ライブ配信

機関投資家・アナリスト向け決算説明会の模様を、本日17:30よりライブ配信いたします。

新規ウィンドウが開きます決算説明会

●「IRメールマガジン」のご紹介

KDDIでは、当社をご理解いただくことを目的として、決算情報をはじめとしたさまざまな情報をホームページに掲載しています。「IRメールマガジン」にご登録いただいた方には、最新情報の掲載をEメールでお知らせいたします。
是非この機会にご登録ください。

新規ウィンドウが開きますIRメールマガジン 新規登録




KDDI ニュースリリースで全文を見る

自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ (会社法第165条第2項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得)

2018年5月10日

KDDI株式会社

当社は、2018年5月10日開催の取締役会において、以下のとおり、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、自己株式取得に係る事項について決議しましたので、お知らせいたします。

1. 自己株式の取得を行う理由

経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行及び株主還元策の一環として、自己株式を取得するものであります。

2. 取得に係る事項の内容

(1) 取得対象株式の種類 普通株式
(2) 取得し得る株式の総数 63,000,000株 (上限)
(発行済株式総数 (自己株式を除く) に対する割合 2.62%)
(3) 株式の取得価額の総額 1,500億円 (上限)
(4) 取得期間 2018年5月11日~2019年3月22日
(5) 取得方法 東京証券取引所における市場買付け

(参考) 2018年3月31日時点の自己株式の保有

発行済株式総数
(自己株式を除く)
2,405,404,223株
自己株式数 (注) 181,809,302株

東証開示資料: pdfファイルをダウンロードします自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ (会社法第165条第2項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得) (10KB)




KDDI ニュースリリースで全文を見る

自己株式の消却に関するお知らせ

2018年5月10日

KDDI株式会社

当社は、2018年5月10日開催の取締役会において、会社法第178条の規定に基づく自己株式の消却を行うことを決議しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

(ご参考)

本消却により、当社の保有する自己株式数は発行済株式総数の5%となります。

東証開示資料: pdfファイルをダウンロードします自己株式の消却に関するお知らせ (8KB)




KDDI ニュースリリースで全文を見る

定款の一部変更に関するお知らせ

2018年5月10日

KDDI株式会社

当社は、本日開催の取締役会において、「定款一部変更の件」を本年6月20日開催予定の定時株主総会に付議することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 提案の理由

将来の金融事業拡充に備え、現行定款第2条の事業目的に「金融商品仲介業」を追加するものであります。

2. 変更の内容

変更の内容につきましては、以下のとおりであります。

(下線は変更部分を示します)
現行定款 変更案
第1条 (記載省略) 第1条 (現行どおり)

第2条 (目的)
当会社は、次の事業を営むことを目的とする。

第2条 (目的)
当会社は、次の事業を営むことを目的とする。

(1)~(33) (記載省略)

(1)~(33) (現行どおり)

(新設)

(34) 金融商品仲介業

(34) 前各号に附帯又は関連する一切の事業その他前各号の目的を達成するために必要な事業を営むことができる

(35) 前各号に附帯又は関連する一切の事業その他前各号の目的を達成するために必要な事業を営むことができる

第3条~第41条 (記載省略)

第3条~第41条 (現行どおり)

3. 日程

2018年6月20日 (予定) 第34期定時株主総会開催
同日 定款変更の効力発生

東証開示資料: pdfファイルをダウンロードします定款の一部変更に関するお知らせ (9KB)




KDDI ニュースリリースで全文を見る

役員の異動 (2018年6月20日付予定)

2018年5月10日

KDDI株式会社

当社は、本日開催した取締役会において、次のとおり役員人事を内定いたしました。
なお、本件は、本年6月20日開催予定の定時株主総会及び取締役会において決定される予定です。

氏名 役職
田中 孝司 (たなか たかし) 代表取締役会長
両角 寛文 (もろずみ ひろふみ) 代表取締役副会長
髙橋 誠 (たかはし まこと) 代表取締役社長
石川 雄三 (いしかわ ゆうぞう) 代表取締役
内田 義昭 (うちだ よしあき) 取締役
東海林 崇 (しょうじ たかし) 取締役
村本 伸一 (むらもと しんいち) 取締役
森 敬一 (もり けいいち) 取締役
森田 圭 (もりた けい) 取締役 (新任)
山口 悟郎 (やまぐち ごろう) 取締役
上田 達郎 (うえだ たつろう) 取締役 (新任)
田辺 邦子 (たなべ くにこ) 取締役
根元 義章 (ねもと よしあき) 取締役
大八木 成男 (おおやぎ しげお) 取締役 (新任)

東証開示資料: pdfファイルをダウンロードします役員の異動 (2018年6月20日付予定) (12KB)




KDDI ニュースリリースで全文を見る

取締役、執行役員及び理事に対する業績連動型株式報酬制度の継続及び一部改定の件

取締役、執行役員及び理事に対する業績連動型株式報酬制度の継続及び一部改定の件

KDDI ニュースリリースで全文を見る

[ITmedia Mobile] ソフトバンク、「スマート体組成計2」を発表 アラームや育成ゲームで測定継続を後押し

ソフトバンクは、7月下旬以降にセイコーソリューションズ製の「スマート体組成計2」を発売する。乗るだけで測定データがクラウドに自動送信され、スマートフォンと連携した健康管理が可能。測定忘れを知らせるアラーム機能や、キャラクターが成長する育成ゲームを搭載して測定の継続を後押しする。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

写真で見る「HUAWEI MediaPad M5 Pro」

ケータイ Watchで全文を見る

写真で見る「Huawei MediaPad M5」

ケータイ Watchで全文を見る

グーグル「ARCore」の新機能「Cloud Anchors」、マルチプレーヤーでAR体験を共有

複数のスマートフォンでAR体験を共有できるグーグルの「ARCore」の新機能「Cloud Anchors」を「Google I/O」の場で筆者が体験した。



CNET Japan 最新情報 総合で全文を見る

ソフトバンク夏モデル--HUAWEI Mate 10 ProやXperia XZ2、AQUOS R2など7機種

ソフトバンクは5月10日、2018年夏モデルとしてスマートフォン6機種と通信付きスマート体組成計の計7製品を発表した。5月18日から順次発売する。



CNET Japan 最新情報 総合で全文を見る

ソフトバンクの2018年夏モデルが発表。Mate 10 ProもXperia XZ2もくーるー!

ソフトバンクがもうすぐ発売するスマートフォンのラインナップが発表されましたよ〜! Mate10 Pro、きます。そして、Xperia XZ2もきちゃいます。

via ギズモード・ジャパン http://bit.ly/2I41kRl

2018年3月期決算について

2018年3月期決算について

KDDI ニュースリリースで全文を見る

自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ (会社法第165条第2項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得)

自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ (会社法第165条第2項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得)

KDDI ニュースリリースで全文を見る

自己株式の消却に関するお知らせ

自己株式の消却に関するお知らせ

KDDI ニュースリリースで全文を見る

定款の一部変更に関するお知らせ

定款の一部変更に関するお知らせ

KDDI ニュースリリースで全文を見る

役員の異動 (2018年6月20日付予定)

役員の異動 (2018年6月20日付予定)

KDDI ニュースリリースで全文を見る

取締役、執行役員及び理事に対する業績連動型株式報酬制度の継続及び一部改定の件

取締役、執行役員及び理事に対する業績連動型株式報酬制度の継続及び一部改定の件

KDDI ニュースリリースで全文を見る

2018年5月9日水曜日

孫氏、スプリントとT-mobileの合併に熱弁振るう

ケータイ Watchで全文を見る

[ITmedia Mobile] オウルテック、収納ポケットを備えた手帳タイプのiPhone&スマホ向けマルチケース

オウルテックは、5月9日にiPhone 8/7/6s/6に対応した手帳型ケース7種類を発売。フラップを閉じたまま通話やカメラ撮影が可能で、スタンド機能も搭載する。また、同日に5.2型までのスマートフォン全機種に対応した手帳型マルチケース5種類も発売。両側から挟むクリップパーツを採用し、スライドする可動式ホルダーでスムーズに撮影できる。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

gooSimseller、京セラ製タフネススマホ「DURA FORCE PRO」を販売

ケータイ Watchで全文を見る

ドコモのあんしんサポートメニューをご紹介!「マンガでわかる!ドコモのあんしんサポート」を公開しました

注意注意 お使いのブラウザではJavaScriptが無効に設定されています。有効にしてご利用ください。



NTTドコモ 全ての新着情報で全文を見る

【PR】「ケータイ Watch 緊急読者ミーティング with Galaxy」、5月16日開催

ケータイ Watchで全文を見る

動画と写真撮影を両立--シャープ、フラッグシップ「AQUOS R2」とSIMフリー「sense plus」

シャープは5月8日、スマートフォン「AQUOS R2」と「AQUOS sense plus」を発表した。



CNET Japan 最新情報 総合で全文を見る

マイクロソフト、「Windows 10」と「iOS」「Android」の連携を強化

マイクロソフトは「Windows 10」搭載PCと「iOS」「Android」デバイスの連携を強化する機能の詳細を披露した。操作の履歴を表示する「Timeline」がiOS/Androidで利用できるようになるほか、スマートフォン「Inbox」アプリなどが紹介された。



CNET Japan 最新情報 総合で全文を見る

シャープ、ロボホン向けにブラウザで動くプログラムツール

ケータイ Watchで全文を見る

ドコモのあんしんサポートメニューをご紹介!「マンガでわかる!ドコモのあんしんサポート」を公開しました



NTTドコモ 全ての新着情報で全文を見る

SORACOM with KDDI 第2弾! IoT向け回線サービス「SORACOM Air for セルラー」提供開始

SORACOM with KDDI 第2弾! IoT向け回線サービス「SORACOM Air for セルラー」提供開始

KDDI ニュースリリースで全文を見る

SORACOM with KDDI 第2弾! IoT向け回線サービス「SORACOM Air for セルラー」提供開始

  • KDDI株式会社
  • 沖縄セルラー株式会社
  • 株式会社ソラコム

2018年5月9日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) と、沖縄セルラー株式会社 (本社: 沖縄県那覇市、代表取締役社長: 湯淺 英雄)、株式会社ソラコム (本社: 東京都世田谷区、代表取締役社長: 玉川 憲、以下 ソラコム) は、2018年5月9日より、KDDIのモバイル通信ネットワークとソラコムのIoT通信プラットフォーム「SORACOM」を融合した、新たなIoT向け回線サービス「SORACOM Air for セルラー plan-K」(該当項目へジャンプします注1) の提供を開始します。

「SORACOM Air for セルラー plan-K」は、人口カバー率 (該当項目へジャンプします注2) 99%超のサービスエリアを展開するKDDIの4G LTEネットワークでのアクセスが可能となるほか、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」に接続することで、ソラコム社が提供する、回線管理、デバイス管理、クラウド連携、閉域網接続などのセキュリティ強化や遠隔操作など、IoTシステム構築・運用で必要となるさまざまな機能をご利用いただけます。(該当項目へジャンプします注3)

3社は、今後もKDDIのIoTビジネス基盤とソラコムの通信プラットフォームの連携により、国内はもとよりグローバルにも通じるIoTプラットフォームの構築を強力に推進していきます。さらに、これまで培ったIoT/M2Mにおける知見や顧客基盤を活用し、新たなIoTビジネスを創出していきます。

KDDIグループは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、法人のお客さまのビジネスに貢献し、新しい体験価値を創造していきます。

詳細は、別紙をご参照ください。


<別紙>

1. 特長

  • KDDIの4G LTEネットワーク回線を利用したSIMを提供。
  • 1日単位の基本料金や1MB 0.2円からとする、IoTに特化したシンプルかつ安価な料金体系。
    ウェブ上でSIMの申し込み、発行、管理ができるため、簡単にIoTビジネスを始められるほか、柔軟な運用や設定変更が可能。
  • ソラコムが提供する、回線管理、デバイス管理、クラウド連携、閉域網接続などのセキュリティ 強化や遠隔操作などのIoT通信プラットフォーム「SORACOM」サービスの利用が可能 (該当項目へジャンプします注3)。

2. 提供料金

事務手数料 1,500円/SIM (SIM送料込)
基本料 10円/日 (該当項目へジャンプします注4)
利用中断中 5円/日 (該当項目へジャンプします注5)
国内SMS通信料 送信料: 3円~30円/回
受信料: 無料
音声 非対応
データ通信料 (該当項目へジャンプします注6) 32kbps 上り 0.2円/MB
下り 0.6円/MB
128kbps 上り 0.22円/MB
下り 0.7円/MB
512kbps 上り 0.24円/MB
下り 0.8円/MB
2Mbps 上り 0.3円/MB
下り 1.0円/MB

3. 提供開始日

2018年5月9日

4. お問い合わせ

  • KDDI 法人営業担当者または法人お客さまセンターまでお問い合わせください。

<法人お客さまセンター>
フリーコール0077-7007 (無料)
フリーコール0120-921-919 (無料)




KDDI ニュースリリースで全文を見る

2018年5月8日火曜日

西鉄エム・テック、LTE対応のスマートバス停

ケータイ Watchで全文を見る

レノボ、「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」に対戦モードを追加

ケータイ Watchで全文を見る

ドコモ、雑音環境での音声感情認識技術をEmpathと共同開発

ケータイ Watchで全文を見る

[ITmedia Mobile] シャープが「AQUOS R2」で静止画と動画のカメラを“個別に”搭載した理由

シャープの「AQUOS R2」は、背面に「静止画用」と「動画用」のカメラを2つ搭載している。デュアルカメラのスマートフォンは数多くあるが、なぜシャープは動画用のカメラを加えたのか。またAQUOS R2のカメラはどんなシーンで活躍するのか。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

[ITmedia Mobile] スマホのBluetooth機能、利用経験は61.4% 接続機器上位はイヤフォン・スピーカー・カーナビ

MMD研究所が「スマートフォンのBluetooth機能に関する調査」の結果を発表した。Bluetooth機能の利用経験は61.4%で、接続している機器の上位は「イヤフォン」「スピーカー」「カーナビ」、非利用者がBluetoothを使ってしてみたいことの上位は「音楽」「動画視聴」となった。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

セガ、スマホゲーム「ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛」を配信

セガゲームスは5月8日、スマートフォン向けRPG「ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛」の配信を開始した。本作は1996年に発売されたプレイステーション向けソフト「ポポロクロイス物語」から続く、シリーズ8作目の最新作となっている。



CNET Japan 最新情報 総合で全文を見る

「auスマートバリュー」の提携事業者を拡大

[ITmedia News] スマホ写真からフォトブック作成 カメラのキタムラが新サービス

「カメラのキタムラ」を手掛けるキタムラが、旅行計画アプリ「tabiori」と写真データ整理アプリ「i フォトアルバム」と連携し、スマートフォンに保存した写真などからフォトブックを作成できるサービスを始めた。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

フラッシュメモリが中古のリサイクル品かどうかを簡単に確認する手法が開発される

スマートフォンなどに内蔵されているフラッシュメモリには長い寿命が備わっているため、古くなって捨てられたデバイスからフラッシュメモリを外して「新品です」と偽って販売されるケースがあるとのこと。この詐欺行為を簡単に暴くことができる技術が、アラバマ大学の研究チームによって開発されました。

続きを読む...



GIGAZINEで全文を見る

KDDI、運転席に人が座らないレベル4の自動運転デモを披露

ケータイ Watchで全文を見る

MS、「Windows 10」からスマホにアクセスできる「Your Phone」を公開へ

マイクロソフトが「Windows 10」内からスマートフォンのメッセージ、通知、写真などにアクセスできる新アプリ「Your Phone」の公開を準備している。まもなくベータ版が「Windows Insider Program」の登録ユーザー向けにリリースされる予定だ。



CNET Japan 最新情報 総合で全文を見る

Y!mobileのAndroid One、4機種がAndroid 8.1に

ケータイ Watchで全文を見る

シェアサイクルと公共交通の複合経路検索サービス「mixway」

ケータイ Watchで全文を見る

NECなど、LPWAでLPガス配送を効率化する大規模実験を名古屋で開始

ケータイ Watchで全文を見る

LINE、「クリエイターズスタンプ」4周年を記念したキャッシュバックキャンペーン

ケータイ Watchで全文を見る

[ケータイ用語の基礎知識]第855回:マルチタスク とは

ケータイ Watchで全文を見る

Instagram、いじめコメントのフィルタリング機能を導入

ケータイ Watchで全文を見る

Pokémon GO、今夏に横須賀でイベント開催

ケータイ Watchで全文を見る

シャープ、SIMフリー専用モデル「AQUOS sense plus」発表

ケータイ Watchで全文を見る

動画+静止画のダブルカメラ「AQUOS R2」発表、シャープ新フラッグシップモデル

ケータイ Watchで全文を見る

[みんなのケータイ]EveryPhone PRよりもBZやPWのほうが良かった?

ケータイ Watchで全文を見る

[本日の一品]ケーブルを片手で抜き差し可能、デスクに固定できるクランプ式のUSB充電器

ケータイ Watchで全文を見る

[スマホケースCollection] UNiCASE HYBRID SLIM CASE for iPhoneX

ケータイ Watchで全文を見る

「新ZenFone 5」抽選でプレゼント、ASUSがキャンペーン

ケータイ Watchで全文を見る

Googleの「高度な保護機能」がiOS標準アプリに対応

ケータイ Watchで全文を見る

日本通信、免許不要の周波数帯を使うLTE対応小型基地局の認定を取得

ケータイ Watchで全文を見る

ユーザー投稿型マンガアプリ「ジャンプルーキー!」広告収益は100%作者に還元

ケータイ Watchで全文を見る

[ITmedia マーケティング] ミレニアルはInstagram、団塊ジュニアとバブルはLINEに投稿 世代別スマホ撮影事情──トレンダーズ調査

トレンダーズはミレニアル世代を中心とした「スマートフォン撮影事情」についての調査結果を発表しました。

ITmedia 総合記事一覧 で全文を見る

「auスマートバリュー」の提携事業者を拡大

「auスマートバリュー」の提携事業者を拡大

KDDI ニュースリリースで全文を見る

2018年5月7日月曜日

スマホの販売動向は販売台数減、平均価格上昇~GfK調査

ケータイ Watchで全文を見る

2018年、一番賢い音声アシスタントは「Google アシスタント」。でもどれもそんなに役に立たないよね

先日発表された調査結果によると、ユーザーの質問に回答する「賢さ」という点ではスマートフォンのGoogle アシスタントがトップの成績を記録しているようです。なお、今回の調査は英語版の音声アシスタントで行なわれています。

via ギズモード・ジャパン http://bit.ly/2KH4rMB

Facebook、シアトルとピッツバーグに新たなAI研究拠点

Facebookが、AIの研究者や専門家の誘致を図る取り組みを拡大し、新しいAIの研究拠点をシアトルとピッツバーグに開設する。



CNET Japanで全文を見る

株式会社トランスネットコラム「Rails 5.2でましたね。いい感じ」

Ruby開発に強いトランスネットが、吉政忠志氏によるコラム「Rails 5.2でましたね。いい感じ」を公開しました。



CNET Japan プレスリリースで全文を見る

株式会社Dive into Codeセミナー会場無料貸与サービス開始

DIVE INTO CODEが業界貢献の一環で有料・無料・企業セミナー問わず、企業やコミュニティ・個人にセミナー会場を無料で提供します。

CNET Japan プレスリリースで全文を見る

袋井市袋井市、分散型まちづくりに挑戦 市内14コミュニティセンター始動

2018/05/07袋井市役所袋井市、分散型まちづくりに挑戦 市内14コミュニティセンター始動 静岡県袋井市は、平成17年4月に旧袋井市と旧浅羽町が合併し新市となって以来、微増ながら13年連続して人口が増加。合計特殊出生率(平成27年度)は1.69、高齢化率(平成29年度)は26.6パーセントと、県内23市において最も若いま...



CNET Japan プレスリリースで全文を見る

[ITmedia マーケティング] ネット広告代理市場、2017年度は1兆2100億円──ミック経済研究所調査

ミック経済研究所は、ネット広告市場および広告プラットフォーム市場の実態を調査した資料を発刊、その一部を公表しました。

ITmedia 総合記事一覧で全文を見る

衝撃に強い「ZEROSHOCK」タブレットケース―7~10.5型に対応する汎用タイプ

衝撃に強い「ZEROSHOCK」ブランドのタブレットケースをエレコムが5月中旬から販売する。



japan.internet.comで全文を見る

ハッキング(物理)対策。MacBookを開くとカメラ撮影、シャットダウン、通知するアプリ


MacBookを開くとパシャ−!

怪しいアプリはダウンロードしない、知らない人からのEメールに添付されていたファイルは開かない、と悪質なハッキングから自分を守る知恵を持っていても、物理的にパソコンを盗まれたり、サッと盗み見されてしまう危険性は無くなりません。セキュリティの専門家たちも頻繁に、悪意を持った人物がデバイスを直接触れないように気をつけなさい、と警告をします。

そんなパソコンへのハッキング(物理)に対応するためのマック用のアプリ「Do Not Disturb」が基本的でありながら、新鮮な機能を提供しています。

誰かがラップトップを開いたら、スマートフォンに通知を送ると同時に、カメラを使って開いた人物の写真を送るというもの。あわせて、コンピューターをその場でシャットダウンするか、スクリーン上で何を行っているかを録画するかを選べます。

インストールすればスパイに狙われたスパイのような気分を楽しめそうですが、制作者のPatrick Wardleさんはなんと元々NSAに勤務していたハッカーなんです。

今はセキュリティ研究者として働いているPatrickさん、モスクワに滞在中にデート相手からホテル(とそこに置いてあるパソコン)から外に出ようと誘われた時、ふと「もしかしてこの隙にパソコンをいじられているのでは」と不安になったのがアプリを作ったきっかけだそうです。ホテルなどで宿泊客が部屋から出ている間に不正にアクセスするこういった行為は「悪意あるメイド攻撃」と呼ばれます。

Wiredの取材に対してWardle氏は次のように語っています。

悪意あるメイド攻撃の大半は、アクティブな起動されたコンピューターを必要とします。そのため「Do Not Disturb」はマック上で起動し、ラップトップが開かれる動きをモニタリングします。これは多くの物理的なアクセス攻撃を示唆します。誰かがユーザーのデバイスに不正にアクセスしようとすれば、ユーザーに通知を送ります。

マックにインストールする「Do Not Disturb」アプリは無料ですが、iOSにインストールする受信用のアプリは年間の利用料が必要です。プッシュ通知ではなく、Eメール通知でいいのなら無料で利用できますよ。

Wardle氏は自分が「悪意あるメイド攻撃」のターゲットとして危機感を持った経験だけではなく、彼自身もVice Newsで「悪意あるメイド攻撃」を実演した経験もあります。非常に優秀なハッカーであれば、このアプリでも不正アクセスを防げないケースもあるでしょう。しかしスタート地点としては良いアプリではないでしょうか。


Image: Shutterstock
source: Wired

Kate Conger - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)



ギズモード・ジャパンで全文を見る

【本日のセール情報】Amazonタイムセールで最大80%以上オフも! 1,000円台のVRゴーグルやネックバンド型スポーツイヤフォンがお買い得に

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているタイムセール、今日2018年5月7日は1,000円台のVRゴーグルやBluetooth接続のワイヤレススポーツイヤフォンなど今すぐ欲しい人気のアイテムがお得に多数登場しています。

ギズモード・ジャパンで全文を見る

[ITmedia News] Facebookの個人情報不正流用のCambridge Analytica(CA)が破産申請

Facebookの個人情報を不正に入手して大統領選でのトランプ陣営活動に流用したとして公的調査を受けている英調査会社Cambridge Analytica(CA)が破産申請した。

ITmedia 総合記事一覧で全文を見る

ローランドの防沫ワイヤレス・イヤホン「AF33W」―5,000円切る入門機

オーストラリアのヘッドホン・ブランド「Audiofly」からワイヤレス・イヤホンのエントリーモデル「AF33W」が登場した。ローランドが取り扱う。



japan.internet.comで全文を見る

[ITmedia ビジネスオンライン] 71億円の減益ながら表情の明るいホンダ

大型連休前にホンダの決算発表会が開催された。営業利益は8335億円で、前年度に比べて71億円のダウンとなった。しかし会見に臨んだ倉石副社長の表情は明るい。質疑応答では笑顔を見せる局面もあった。

ITmedia 総合記事一覧で全文を見る

Amazon、1957年に建ったカナダの古い郵便局をくり抜いて新社屋を作る

[スタパ齋藤の「スタパトロニクスMobile」]防滴・ノイキャン・完全無線! ソニー「WF-SP700N」


スポーツにも向く左右独立のBluetoothヘッドセット

 つい先日、2018年4月28日に発売されたソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-SP700N」(公式ページ)。左右が独立した完全無線タイプのイヤホンで、ノイズキャンセリング機能を搭載し、さらに防滴性能まで備えています。これからの季節にピッタリ過ぎる! と思って発売日に購入して1週間程度使ってきましたので、今回はコレをレビュー!

ソニー「WF-SP700N」。左右独立型の完全無線(Bluetooth)ステレオヘッドセットで、防滴性能やノイズキャンセリング機能を備えています。音楽聴取などのほか通話にも対応。カラーはブラック、ピンク、イエロー、ホワイトの4種類がラインナップされています。実勢価格は税込2万3000円前後。
防滴性能を備えていますので、スポーツやアウトドアアクティビティにもよく向きます。

 筆者はソニーの「WF-1000X」(レビュー記事)を気に入って使っております。WF-1000Xはノイズキャンセリング機能を搭載した左右分離型のBluetoothイヤホンですが、やっぱり完全無線は快適! 音もイイ! ノイズキャンセリングも実用的! てな感じで愛用中。

 そんなWF-1000Xの「防滴バージョン」的存在が、今回レビューするWF-SP700Nです。両者のざっくりしたスペックは似たような感じですが、防滴でありスポーツ時には実用的なEXTRA BASS搭載(低音がより強く出る音質)だったりと、よりアウトドア指向になっているのがWF-SP700N。ということで以降、WF-SP700Nの機能や使用感について書いてみたいと思います。

WF-SP700Nって、どんなヘッドセット?

 まずはWF-SP700Nの概要から。前述のとおり左右独立型のワイヤレスヘッドセットで、スマートフォンなどの音源とはBluetoothで接続して使います。コーデックはSBCとAACに対応していますが、残念ながらapt-Xには非対応。仕様的には、ちょっとiOSデバイス寄り? みたいな。

 また、ノイズキャンセリング機能を搭載し、外部からの騒音を打ち消すように抑えることができます。電車やバスでの移動中でもよりクリアな音で音楽を楽しめますが、単に騒音カットのために使うのもいいですね。アンビエントサウンド(外音取り込み)モードも搭載し、外音を聞こえやすくすることもできます。なお、WF-SP700Nには、WF-1000Xなどに搭載されている「アダプティブサウンドコントロール」(ユーザーの動作を検知してノイズキャンセリングなどのパターンを自動的に切り換える機能)はありません。

 それと、WF-SP700Nは「IPX4」相当の防水性能を備えています。IPX4は「いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない」というレベルで、いわゆる「防雨形」のひとつ上のレベルの防水性能です。ホースからの水を直接ビャーッとかけちゃうのはNGだけど、雨や汗や水しぶきがかかる程度なら大丈夫、みたいなイメージですね。

WF-SP700Nは防滴タイプの左右独立型・ワイヤレスヘッドセットで、ノイズキャンセリング(NC)機能も搭載。カナル型イヤホンですが、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードを使えば周囲の人の声や環境音もよく聞こえます。電池持続時間は、連続音声再生時間で最大3時間(NCオン)/最大3時間(NCオフ)、連続通話時間が最大3.5時間、待受時間が最大8時間(NCオン)/最大35時間(NCオフ)。充電は、2回分の充電が行えるバッテリー内蔵専用ケースを使用(専用ケースはUSB充電/約3時間でフル充電)。電池切れ状態からフル充電までに約1.5時間かかります。

 操作は、左右イヤホンにひとつずつ備わったボタンで行います。主には、左イヤホンのボタンでノイズキャンセリング機能のオンオフなどを、右イヤホンのボタンで音楽の再生や一時停止や送り戻しを行います。通話はどちらのボタンでも行えますが、着信音や相手の声は左イヤホンからのみ聞こえる仕様です。

 若干余談ですが、上の写真の専用ケースはコンパクトでなかなか便利。フタにある左右矢印のマークはシールで、剥がせます(が笑顔っぽくてカワイイので貼ったままに)。筆者は写真の「ピンク」のモデルを購入しました。イエローやホワイトにも惹かれましたが、ベージュに近い「ピンク」は装着した状態であまり目立たなくてイイ感じです。

ココがイイ感じ♪

 WF-SP700Nを使っていて「イイな♪」と思えるのは、まずその装着感です。筆者の場合ですが、イヤーピースおよびアークサポーターによるフィット感がとても良好で、顔を振ったり飛び跳ねたりしてもイヤホンが脱落する危うさはありません。イヤーピースはSS/S/M/L(各2個)が、アークサポーターはM/L(各2個)が付属していますので、フィッティングの幅も広いと思います。

交換してフィット感を調節できるイヤーピース(SS/S/M/L・各2個)と、耳の凹みでイヤホンをよりしっかりホールドするためのアークサポーター(M/L・各2個)が付属しています。
装着例。耳の穴に入るイヤーピースと、耳の外側の凹みに沿うように当たるアークサポーターにより、しっかりと装着できます。しっかり装着できつつも、その装着感が自然なのがナイス。あと、耳に対する脱着も容易で、「耳に入れて少し回すだけ」「耳から抜くだけ」という感覚。スムーズに使えます。左右のイヤホンにはボタンが1つずつあり、位置は下側。探しやすく押しやすいボタンです。

 ボタン類の少なさも好印象。基本的な設定は専用スマホアプリ「Headphones Connect」から行い、頻繁に行う操作は各イヤホン上のボタンで行うという感じです。設定項目の多い初期設定はアプリでササッと行えて、以降の操作は本体のボタンで行えるので、理解しやすく迷いにくく良いです。

「Headphones Connect」アプリ(iOS版)の表示例。WF-SP700Nのノイズキャンセリング強度や音質設定などを細かく行えます。ノイズキャンセリングのオンオフなど切り替えは本体のボタンでも操作可能。アプリの「クイックサウンド設定」では、ノイズキャンセリングおよび音質の組合せを保存でき、左側イヤホンのボタン2度押しで瞬時にこの設定へと切り換えられます。

 それと、ケースの使用感も良好。ケースは充電器になっていてイヤホンを2回フル充電にできます。その機能性もイイんですが、イヤホンをケースに入れると電源オフで、ケースから出すと電源オンになるという、左右独立タイプのイヤホンでは定番的な利便性も良好。ケースのフタがスライド式で開閉しやすく、ケース内でイヤホンが安定的に固定される点も使いやすいです。

 音質については、「EXTRA BASS sound」搭載ということで、低音がたっぷり出ます。ただ、低音ばかりという感じではなく、ボーカル域も高音域も十分出ていて、良いバランスの音質のなかで低音が多めに出るという印象。アウトドアアクティビティ中に聞こえにくくなる低音を補っている、というイメージです。低音は強めですが、全体的に音楽を楽しむための十分な音質があると感じられました。

 ノイズキャンセリング性能ですが、ソニーのこの世代のノイズキャンセリングヘッドホンと比べると、「強力というほどではないものの十分実用レベル」という印象です。防滴性能ナシのモデルWF-1000Xに近いノイズキャンセリング性能、というイメージ。これはカナル型イヤホンがもつ「もともとの遮音性」も含めての印象です。電車やバスでの移動時に走行音などをかなり抑えてくれるノイズキャンセリング性能がありますし、小さめの音量で音楽を楽しむことができますので、筆者的には十分ツカエルという感じです。

 WF-SP700Nは左側イヤホンのボタン操作で、「ノイズキャンセリング機能オン」→「外音取り込み機能オン(アンビエントサウンドモード)」→「ノイズキャンセリング機能オフ」を順繰りに切り換えられます。このうち「外音取り込み機能オン」は周囲の音がよりよく聞こえてくるアンビエントサウンドモードで、これがちょいちょい実用的。誰かが話しかけてきたとか、コンビニで買い物するなど「相手の声を聞く必要があるシーン」にすぐ対応できるからです。WF-SP700Nはカナル型イヤホンですが、誰かと会話したりアナウンスを聞いたりするとき、耳から抜かずにボタンを押すだけでOKというのが快適♪

 左右独立タイプのワイヤレスヘッドセットで指摘されがちな「音の途切れ」ですが、左右まとめての音途切れも、片側だけの音途切れも、筆者の場合はまだ経験しておりません。無線関連の安定性も、現状では好印象です。

 ほか、動いているときに体との擦れなどで起きるノイズが少ないのも、左右独立・完全ワイヤレスのWF-SP700Nのいいところ。WF-SP700Nの場合、地面にかかとが着くときの振動で起きるノイズも少なめのようで、よりアウトドアアクティビティに向くと思います。

 あと、やはり防滴性能は安心感があってイイですね。活動中に耳の付近へ汗が滴るような状態でも問題ナシ。水がかかるようなシチュエーションには未遭遇ですが、野外活動中にゲリラ豪雨が! という場合でもイヤホンを気にして焦ったりせずに行動できそうで、これからの季節にもよく向くことでしょう。

ココはイマイチ……だけど「買い度」は高し

 WF-SP700Nには少々の難点もありました。ひとつは音の遅延があるところ。防滴性能ナシのモデルWF-1000Xにもあった、左右独立・完全ワイヤレスなイヤホンだと生じてしまいがちな難点です。

 具体的には、動画を見たときの音の遅れ。出演者が喋っている場合、口の動きと声が合いません。場面転換テンポの速い動画コンテンツだと、映像と音声のズレからくるフラストレーションがとても大きい。正直なところ、動画鑑賞用のイヤホンとしては、この音声の遅延は致命的です。動画鑑賞用としては、WF-SP700Nは全然オススメできません。

 もうひとつ、EXTRA BASS soundにより低音がたっぷり出ると書きましたが、運動中や行動中ではない落ち着いた状態で音楽を聴くと「ちょっと低音が強すぎる?」と思うことがあります(再生する曲によりますが)。「うるさい低音」という感じに聞こえることもあります。そんなときはアプリ上でイコライザーを設定し、好みの音質にしたいところですが、ちょっと面倒。でもまあ、アプリの「クイックサウンド設定」を「落ち着いて聴くときの音質」として設定すれば、活動中とリラックス時の音質の切り換えも手軽(左イヤホンのボタンを2度押し)にできます。

 イヤホン側の操作で音量調節もできると良かったですね~。音量調節は音源(アプリ)の操作で行うので、そのときの操作感が少々煩雑。でもまあ、このサイズのイヤホンにボリューム調節ボタンを搭載するのは無理があるんでしょうか?

 それと、専用ケースの密閉度がそこそこ高い点。イヤホンを保護するにはイイんですが、汗が付着したイヤホンをそのまま入れるのはちょっと、みたいな。多少湿った状態でケースに入れちゃっても……とは思ったんですが、説明書の「使い終わったら」の項目に、こう書いてありました。「本機を使い終わったら、必ず充電ケースに保管してください。 本機に汗などの水滴が付着している場合には、確実に拭き取り、水分が完全になくなるまで常温で放置して乾燥させてから収納してください」と。

 まあそうですよね。でも「水分が完全になくなるまで常温で放置して乾燥させてから収納」とかって、WF-SP700Nの使い勝手がイキナリかつ著しく低下する要求なんですけど! ということで、ケースのフタや外装をメッシュにするとか、より「イヤホンが乾きやすいケース」であって欲しかったな~、という気分です。

 難点はそんなところ。で、筆者的結論ですと、アウトドアアクティビティで左右独立型のステレオヘッドセットを使いたいなら「コレでキマリかも」という使い心地があります。動画視聴においては音声の遅延が多発しますので「音楽・通話専用」ということですが、解放感がある完全無線・左右分離型であり、防滴性能を備えつつ、「耳からの落ちにくさ」がありながら、ノイズキャンセリング機能まで搭載のWF-SP700N。何だかんだで全部入り。「買い度」がかなり高い機種だと思います♪



ケータイ Watchで全文を見る

[本日の一品]お風呂で思いついた貴重なアイデアを活かすAqua Notes


バスルーム専用・アイデア降臨時用・防水メモパッド「アクアノート」
筆者愛用のベッドサイド用・アイデア降臨時・緊急メモ「ナイトノート」

 アイデアは、故事ことわざで言われているように、出物腫れ物と同じくところ構わず出現するものだ。最高のアイデアは、寝ている時でも、トイレでも、お風呂場でも関係なく頭に浮かぶことがあるはずだ。

 トイレは日常生活の単なる延長上なのでさしたる問題はない。ペンさえあればトイレットペーパーに思い浮かんだアイデアを書けば良い。ベッドや布団で寝ている時は、枕元にペンやメモを置いておけば解決だ。

 アイデアは寝入りばなに降臨するとか、朝焼けの頃とか、いろいろな説があるが、海外ではそんな心配ごとのある人のために、常時、枕元に置いておく専用メモが用意されている。筆者はこのNITENOTE(ナイトノート)と名付けられた真っ暗闇でも思い立ったアイデアを確実に記録できるノートを20年来愛用している。よく考えられたノートで、専用のペンを引き抜くと、瞬時にライトが光りどんなに真っ暗な状況でも文字を描くノートの筆記面だけは明るく照らしてくれる逸品だ。

 もちろん、いつ降臨するか全く予測のつかないアイデアを確実に記録するには、トイレやベッド周りだけでは手ぬるい。間違いなく一番難易度の高いのはお風呂場だ。本日ご紹介するアイデア降臨捕獲キットの極めつけはバスルームで使う防水ノート「Aqua Notes」(アクアノート)だ。

ノートも鉛筆も専用の吸盤が付属しバスルームのどこにでも吸着する。鉛筆の側面に書かれた”NO MORE GREAT IDEAS DOWN THE DRAIN!"がウケる

 アクアノートは消しゴム付き鉛筆と本体メモパッドの2点で構成されている。いずれも吸盤付きで、バスルーム内の壁面やバスユニットの周辺に簡単に吸着させることが可能だ。鉛筆は吸盤の手前側に軸を押し込んであるだけなので、指先で鉛筆軸を持って手前に引っ張るだけで簡単に吸盤から取り外せる。

A6サイズのメモより二回りほど小さな筆記面しかないアクアノート
バスルームのどこにでもアクアノートは吸盤で貼り付けることができる
アクアノートを貼り付ける場所は、思考形態や記録順序でも異なる

 1秒2秒を争うアイデア降臨の土壇場でも大丈夫だ。アクアノートの筆記面のサイズはA6サイズのメモより二回りほど小さな90×132㎜だが、上4分の1ほどが綴じられているので実際の実効筆記面積は幅90×103mmほどになる。しかし、バスルームの中で論文や小説を書くのでなければ必要十分な面積だ。

 実際のバスルーム内でのアクアノートの取り付け場所は人によってさまざまだろう。ゆったりと湯船につかって座った時に前に見える足元の壁面にセットする人もいれば、自分の頭の側にセットし、アイデア降臨と筆記開始との間隔をミニマイズしたい人もいるだろう。

 湯船につかって既に何か筆記したものを前に見ながら展開や、関連する別のアイデアを考えるなら足元に置いた方が便利そうだ。筆者はこっちのタイプだ。幸いにもバスルーム内ならどこにでも吸着可能なので、しばらくいろいろな場所に貼り付けて、自分に最適なポジションを見つけだすことも簡単だし頻繁な位置替えも楽勝だ。

一度、描いたものをじっくり湯船につかりながら見て再思考することも大事だ

 余談だが、筆者の長年の愛読書の一つにジェームス・W・ヤング著の「アイデアのつくり方」という本がある。70年以上昔に書かれた本だと言われているが、この世界ではバイブル以上の存在だ。コアはたった一行のシンプルなものだが、類似書籍や同名書名のいずれもが足元にも及ばない超名著だ。

製品名 購入 価格
アクアノート 海外のWebショップ 6ドル75セント


ケータイ Watchで全文を見る

[いまどきのストラップ]NO.2949:宇都宮限定 餃子ちゃんストラップ


連載みんなのケータイby森田秀一

au版Galaxy S8発売から間もなく1年、じっくり使って感じたコト

【Galaxy S8 SCV36】

5月7日 06:00



ケータイ Watchで全文を見る

[みんなのケータイ]au版Galaxy S8発売から間もなく1年、じっくり使って感じたコト


購入から約11カ月が経とうとしているau版Galaxy S8。まだまだ使えますが、後継機への興味も高まっておりまして……

 早いもので、au版のGalaxy S8 SCV36が発売されてから間もなく1年が経とうとしています。この間も各社から新製品が続々と登場。もはや最新モデルとは言えなくなり、直接の後継機たるGalaxy S9の足音も聞こえてきています。ちょうど良いタイミングですので、ここで総括的な感想を残しておきたいと思います。

ディスプレイの「両端カーブ」への懸念は、ほぼ完全に杞憂だった

底面から見たところ。角張っていないことが、やはりホールディング性に繋がっているのでしょう

 本体縦持ち時のディスプレイ左側・右端がややカーブした「デュアルエッジスクリーン」は、iPhone Xなどが登場してもなお、サムスン製端末の専売特許とも言える部分です。それゆえ、Galaxy S8を購入する前には最も不安な部分でした。例えば片手持ちしたとき、わずかに小指が画面にかかるだけで誤反応するのではないか、と。

 ただ、これはほとんど杞憂でした。画面端までミッチリUIを詰め込んだゲームなどの場合、カーブした画面部分をタップせねばならないといった現象は確かにあります。ただ、一般アプリもゲームも、総じて「誤作動」を感じるケースはごく稀でした。普段使いになんの影響もないと思います。

エッジスクリーンはオフにすることも一応できます。しなくていいと思いますが

 1つ注意する点があるなら、それは「エッジパネルハンドル」です。初期設定では、画面右上の部分に長細く表示されていて、左にスワイプすることでショートカットメニュー(エッジパネル)を呼び出せます。このエッジパネルハンドルとアプリ側のアイコンがバッティングするケースは、正直たまにあります(このハンドル部をオプションで非表示にすることはできる)。

 個人的な感想になりますが、Galaxy S8のディスプレイ両端がカーブしているのは、「面白い画面表示を行うため」というよりは、「端末のホールディング感を向上させる」のが真の狙いと感じます。面取りの究極形といいますか、端末を握ってみると意外なほどほっそりして、なかなか好ましいです。

プリセット着信音の少なさ&サウンド選択画面のミョーなau連携

 明確に不満なのは、プリセット着信音の少なさです。約30種類登録されているのですが、これは通話着信音と、プッシュ通知などで使われる一般通知音、さらにはアラーム音をも合計しての数。正直、倍あってもおかしくはないのでは?

 この30種類のプリセット着信音は、ほとんどが尺が長めで、一般通知音に使えそうな短尺音になるとさらに限定されてしまう。ここは本当に不満です。

 余談ながら、この着信音を選択する画面はau仕様に差し替えられていて、Galaxy S8の設定画面をいじっていると突然「Music Store powered by レコチョク」アプリに遷移したかのような挙動をとります。なのど、そこから着うたの購入もOK。

 しかし、このMusic Storeの検索機能だと、歌謡曲などは探しやすいものの、5秒未満の短い着信音というような絞り込みができない。このあたりがどうにもチグハグしています。買う買わない以前に、やっぱりプリセット音を増やしていただきたいのが本音です。

Bixbyとどう付き合えばいいか、分からない

 Bixbyは一応「AIエージェント」という体で、各種操作が便利になるとか、情報を先回りして表示しようとか、意欲的な試みがなされています。ただ日本語音声入力などには1年たった今でも非対応なので、なかなか使いどころがない。一時期、Bixbyボタンを無効化する機能がオフィシャルで組み込まれていた気がするのですが、今はないようです。

 カメラをAR的に活用できる「Bixby Vision」には将来性を感じたのですが、もっとも基本であろうQRコードの認識精度が物足りないです。結局はararaというメーカーの「Q」アプリを使っています。こちらは読み取り速度はもちろん、広告なしでも無料なのが気に入っています。

本体側面のBixbyボタンを押すと、このような情報画面が表示
カメラから呼び出せる「Bixby Vision」は、もうちょっと精度が欲しい

まとめ~総合的には大満足、Galaxy S9も買っちゃう?

 もちろんこのほかにも「バッテリー駆動時間はもっともっと長く」「イヤホン端子はやっぱり便利」「充電はもうUSB Type-Cで全然OK」とか、色々感想はありますが、やはり全体としては「買って良かった!」。あと、変な話ですが、2017年末以降は「あれ、iPhone X買ったの?」と周りから2~3回聞かれました。端末の正面がほぼ全てディスプレイに見える設計なので、結構見間違えるのかもしれません。Galaxy S8のほうが半年近く先に発売されてたけどね!

 さて今後ですが、毎月割がまだ1年残っているので、使い続けて全く問題いものの、仕事柄新しいスマホも買いたい。と、いう訳で、恐らく5~6月あたりに国内展開されるであろうGalaxy S9が気になりはじめています。指紋センサーの位置変更はともかく、ステレオスピーカー化は本当に羨ましいんですよねぇ……。とかいいつつ、気がついたらZenFone 5買ってたとかもありそうですが(笑)。



ケータイ Watchで全文を見る

[スタパ齋藤の「スタパトロニクスMobile」]防滴・ノイキャン・完全無線! ソニー「WF-SP700N」

ケータイ Watchで全文を見る

[本日の一品]お風呂で思いついた貴重なアイデアを活かすAqua Notes

ケータイ Watchで全文を見る

[いまどきのストラップ]NO.2949:宇都宮限定 餃子ちゃんストラップ

ケータイ Watchで全文を見る

[みんなのケータイ]au版Galaxy S8発売から間もなく1年、じっくり使って感じたコト

ケータイ Watchで全文を見る

「断線しない」Lightningケーブル「BRYDGE USB Cable with Lightning Connector」

アラミド繊維を採用した超高耐久Lightning-USB ケーブル「BRYDGE USB Cable with Lightning Connector」を、リンクスインターナショナルが販売している。



japan.internet.comで全文を見る

[ITmedia マーケティング] ソニーのスマートイヤフォン「Xperia Ear Duo」を差し上げます

メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選で1名さまに、スマートイヤフォン「Xperia Ear Duo」を差し上げます。

ITmedia 総合記事一覧で全文を見る

2018年5月6日日曜日

懐かしさに涙しそう。mp3をカセットプレイヤー音質で再生できるウェブアプリ


さすがに鉛筆で巻き戻す必要はありませんけどね。

1979年にソニーのウォークマンが出てから、より身近な存在となったカセットテープ。かつての若者は、最新ヒットや宅録を編集したテープを通勤や通学途中で聞いていました。しかしその後カセットテープは、CD、MD、デジタル音源の普及によりどんどん廃れていってしまったのです。

デジタル音源になって音がクリアになった反面、カセットテープからかすかに聞こえる「サー」というノイズにノスタルジーを感じることができなくなったのはチョッピリ残念なオッサン世代。

そんな現代に、デジタル音源を、あたかもカセットプレイヤーで聞く時のような懐かしみを持って再生してくれるウェブアプリ「WebCassette」が登場しました。試してみたところ、mp3とwavに対応しています。

アプリ上ではテープの種類が「ノーマル」、「クローム」、「メタル」と選べ、ノイズリダクションも「オフ」、「LOW」、「HIGH」と選択して好みの音色を作れます。さらにはツマミをいじってテープ、モーター、ヘッドのクオリティーを調節可能。これでモーターを若干遅くしたり、「サー」というノイズを増やしたりできるのです。

ほかにも再生時点から秒数をカウントしてくれ、その時点での曲の進み具合がわかるカウンター機能(リセットボタン有)もついています。早送りや巻き戻しのボタンを押せば、実際に曲が超高速で再生され、「ピロピロピロピロ」という音が聞こえてくるので、ぜひとも試して欲しいところです。

お手持ちのデジタル音源を、擬似的にカセットテープ・クオリティーに落としてくれるWebCassette。皆さんが聞きたいのは、誰の何の曲でしょうか?


Image: WebCassette
Source: WebCassette via Cult of Mac

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
岡本玄介



ギズモード・ジャパンで全文を見る

リニューアルした『美術手帖』6月号は「アートと人類学」特集! 五木田智央の特別付録も

創刊70周年を迎えた『美術手帖』は、5月7日(月)発売の2018年6月号から、隔月発行に移行し、電子版の販売も開始。

リニューアル第1号となる6月号は、「アートと人類学」を特集する。

人間存在にまつわるあらゆる事象について探究する学問、人類学。観察参与という手法や、体験に重きを置くその思考方法は、ときにアーティストたちにも影響を与えてきた。

そして人類学もまた、美術の手法に学び、表現の営みについて考察してきた歴史を持つ。

本特集では、フィールドワークによる作品から研究機関でのプロジェクトまで、美術と人類学のクロスポイントにある実践の数々を取り上げる。

巻頭座談会では、写真家・映像人類学者で「あいちトリエンナーレ2016」の芸術監督を務めた港千尋、世界中の教会の献金箱や、戦時中に製造された陶器製手榴弾などについてのリサーチを行い、作品を制作してきたアーティストの笠原恵実子、映像人類学者としてアーティストとの協働も積極的に行う川瀬慈が、「イメージ」の扱い方をテーマに、それぞれ異なる立場から語り合った。  

Part1では、人類学的思想と交差するアーティストやキュレーターの実践を紹介。

アーティストの下道基行が、フィールドワークにより制作された「torii」や「戦争のかたち」シリーズの制作プロセスを語るインタビューのほか、ともに狩猟をテーマとする人類学者の山口未花子とアーティストの井上亜美、人類学の分野でも活動する若手キュレーターの上妻世海が登場。

また、「人類学的思考」をもとに制作を行う国内外の作家解説や、1989年の「大地の魔術師たち」展に始まる、キュレーターたちの実践を振り返る企画も。

 

Part2では、学術研究の領域での、人類学者たちのアートとの協働にフォーカス。

人類学の重要人物や基本概念をイラストを交えて紹介する「基礎知識」コーナーに始まり、人類学博物館が先住民アーティストを支援するバンクーバーの研究シーンや、映画『リヴァイアサン』などで知られる注目の人類学者兼映像作家、ルシアン・キャスティン=テイラー&ヴェレナ・パラヴェルの貴重なロングインタビューを掲載。

また、イメージやサウンドを扱い、民族誌映画の制作も行われる「映像人類学」の分野について、領域横断的な手法が次々と生み出される最新の状況をトピックごとにたどり、美術と人類学が交差する現場を紹介する。

 

さらに、美術作品やアートシーンを研究対象とする人類学者によるコラムや、アートと人類学の関わりを包括的に論じる、石倉敏明による論考なども掲載する。

アートと人類学の協働は、人間と世界、表現についての大きな問いに挑む試みであるいっぽうで、そこには自ら体験することの意味や、他者をどうとらえ、どう語るかという、普遍的な問題意識がある。

学術研究とアートのクロスポイントを紹介しながら、誰もの日常につながりうる観点を提示する内容となっている。

特別付録は画家の五木田智央によるZINE。五木田が制作のインスピレーション源としているスクラップブックをもとにしたコラージュと、五木田と親交が深い写真家・塩田正幸による、開催中の「PEEKABOO」展制作風景のドキュメントスナップで構成された別冊となっている。作品集としても楽しめる、ここでしか手に入らない1冊だ。

___

特集 アートと人類学
多元化する「世界」の描き方

新たな協同のフィールドへ向けて 港千尋=文

巻頭座談会

アートと人類学のクロスポイント 港千尋×笠原恵実子×川瀬慈

PART1 アーティスト/キュレーターの視点 アートにおける人類学的思考と実践

下道基行インタビュー

対談:井上亜美 山口未花子

上妻世海インタビュー

アーティストの人類学的実践とは 奥脇嵩大=文

展覧会にみる美術と人類学的思考の展開

PART2 人類学者の視点 人類学におけるイメージと表現

人類学の基礎知識 佐藤知久+中谷和人+渡辺文=監修

人類学のアイデアマップ/人類学者と基礎概念/人類学者へのQ&A/ブックガイド

映像人類学を知るための最新トピックス 川瀬慈=監修

注目の人類学研究機関

ブリティッシュ・コロンビア大学人類学博物館/ハーバード大学感覚民族誌学ラボ/その他の研究機関

コラム:美術を研究する 兼松芽永+登久希子=文

論考:アートと人類学の地殻変動 石倉敏明=文

___

特別付録

五木田智央 COMPOSITION BOOK

翻訳連載

デューティーフリー・アート ヒト・シュタイエル=文 大森俊克=翻訳

Artist Pick Up

ヘンリー・テイラー

ホー・ツーニェン

ARTIST INTERVIEW

藤井光 

___

美術手帖6月号  5月7日(月)発売

定価1600円+税

発行元=美術出版社

『美術手帖』公式サイト

http://www.bijutsu.press/books/2018/04/bt-1806.html

Amazonサイト

https://amzn.to/2Kk1ZeP


PR TIMESで全文を見る